About

イベント概要

障がいのある人のアートで街全体が美術館に!

9日間にわたり、江東区の門前仲町、清澄白河、森下がアートで溢れ、深川の街なか全体が美術館になります。 アートの力が人々を引き寄せ、おしゃべりを楽しみ、お互いを認め合い、支え合う、「共に生きる」社会を目指します。

日本における障がいのある方の環境

● 日本における障がいのある人 936 万人、国民の 7.4%が何らかの障害を有していることになります。
● 日本国憲法の第二十五条、第三章にある条文では、
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と謳っています。
しかし、障がいのある方の働くB 型の福祉事業所での1カ月の平均工賃 ( 給料 ) は 15,000 円です。この事実は、憲法で保障していることを税金だけでは実現できないことを示しています。
● 全国の福祉施設は、賃金向上につながる事業展開を懸命に模索しています。
国もその問題に真剣に取り組んでいますが、なかなか効果的な政策を打ち出せていません。
工賃向上には、ビジネス感覚が必要ですが、福祉施設の職員は福祉の専門家であり、
商品開発や販路開拓などは専門外なので、悪戦苦闘をされています。
● 一般の方が障がいのある方のアートを目にする機会が少ないのが現状です。また、障がいのあるアーティストは個性的なアートを描けても、その魅力を伝えたり、商品化するなど収入につなげるには多くの困難が伴います。障がい者のご家族は、個性にあった社会参加や収入支援を求めています。

障がいのある方のアートを中心とする芸術祭を開催する目的や意義

● 対話が生まれる場所を数多くつくり、多様性理解につながる芸術祭として毎年の開催を目指します。
● アートを街に解放して、一般の人に障がいのある方のアートの素晴らしさや福祉施設のものづくりを伝えます。
● 障がいのある方や福祉施設と企業や住民をつなぎ、新しい仕組みの社会参加や仕事を生み出します。
● 地域活性化と福祉の課題解決を同時に行うCSV 型の新しい価値をつくる芸術祭を目指します。
● 障がいのある人とない人が協力して、地元企業や行政と一緒になり、「共に生きる」社会を江東区で実現します。

開催期間 2021年10月22日(金)~10月31日(日)の10 日間
主  催 アートパラ深川おしゃべりな芸術祭実行委員会・一般社団法人アートパラ深川
[2020 実績]
企業協賛 三井不動産、三井住友海上あいおい生命、セブンイレブンジャパン、アース製薬、日本インシーク、JTB ベネフィット、NTT データ、日本臨床研究オペレーションズ、清水建設日本セイフティー、東京東信用金庫、丸重屋、オルガノ、リカシツ、すみれ測量設計事務所横浜銀行、竹中工務店、ぺルモビール、東京ベイネットワーク、トーヨーカネツ、堀川産業、クラフト、アシックスジャパン、日本サービスセンター、K. インターナショナルスクール東京、喜代村、長谷萬、ブッシュクロフィード
協力他 ホテルイースト21東京、東京地下鉄(東京メトロ)、愛和NEC ソリューションイノベーター、フクフクプラス、(特非)エイブル・アート・ジャパン、パソナーハートフル
後  援 文化庁、厚生労働省、観光庁、東京都、東京都教育委員会、江東区、江東区教育委員会、江東区社会福祉協議会、東京工芸大学、武蔵野大学
協  力 富岡八幡宮、成田山東京別院深川不動堂、深川神明宮、地域の神社仏閣、東京都公園協会・清澄庭園深川仲町通り商店街振興組合、深川資料館通り前商店街、東京都現代美術館
助成・寄付 公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京、東京江東ロータリークラブ、東京青年会議所江東区委員会

過去のスポンサー実績へ

オリンピック・パラリンピックの競技場が最も多くある江東区。江戸の昔から下町情緒の息づく門前仲町、清澄白河、森下、深川エリアの街全体にアートが溢れます。この芸術祭は障がいなど、さまざまな理由により、まだ世の中に知られていないアーティストに光をあてます。
芸術祭を通して、深川のマチとヒトの魅力にも触れてください。開催期間中には偶然の出会いを楽しむ街中アートにより、対話が生まれ、多様性についての理解も深まります。また、神社仏閣巡りとアート鑑賞が合体した御利益のある街歩き、さまざまな人が参加できるイベントやワークショップも盛りだくさん。障がいのあるアーティストによる全国公募展も開催します。
“アートパラ深川おしゃべりな芸術祭”は、アートの力が人々を引き寄せ、おしゃべりを楽しみ、障がいの有り無しを飛び越えて、お互いを認め合う共生社会を目指します。障がいのある人とない人が一緒になり、地元企業や行政と協力して、新しい価値を生み出す芸術祭として継続します。